LIFE

サブスク「dマガジン」おすすめポイント6点

  1. HOME >
  2. LIFE >

サブスク「dマガジン」おすすめポイント6点

本記事は豊富な種類の雑誌を見ることができる「dマガジン」についてご紹介します。私は2019年からdマガジンを愛用しています。
本記事でご紹介する主な内容は以下の通りです。

なぜ「雑誌」を読むべきなのか?

おすすめできるポイント

ちょっと残念なポイント

おすすめコンテンツ

無料体験キャンペーン

サービスの概要

悩んでいる人
dマガジンってそもそも何?

NTTドコモが提供するサブスクです!
yuko

dマガジンとは

NTTドコモが提供している、サブスクリプションサービスです。
毎月定額料金(税込440円)で人気の雑誌が読み放題になるサービスです。

おすすめのユーザー

会社員の方で、雑誌にお金をかけたく無いが、気になるコンテンツだけ効率的に読んでみたい。手軽に読んでみたい方にとっておすすめです。

パソコンだけではなくスマホアプリでも雑誌を気軽に見ることができます。

スキマ時間を使って効率的に雑誌を見ることできる点が、このサービスのメリットです。

なぜ「雑誌」を読むべきなのか

「雑誌」は読者に対して、今の世の中で起きている事象や流行などを体系的に写真や文章でわかりやすくまとめられています。

大量の情報を手っ取り早く知ることのできる、最適な手段と言えます。

また、日本の社会人の平均の勉強時間は1日たったの6分というデータもあります。(平成28年社会生活基本調査)

世界の社会人と比べると、ダントツに低い結果です。

逆に言えば、1日1時間も勉強すると平均より10倍もの勉強をしていることになります。

雑誌をただ眺めていても勉強とは言い難いですが、雑誌の著者と対話をするつもりで読むと意味合いが違ってきます。

毎日続けていくと大量の情報をシャワーのように浴び、アウトプットにつなげることができれば、それは大きな差につながりますね!

コンテンツ概要

dマガジンは11のジャンルに分かれています。
定期雑誌が500誌以上、バックナンバーを含めて2500誌以上が読み放題です。

メモ

1.総合週刊誌
2.男性ライフスタイル
3.男性ファッション
4.海外誌
5.ビジネス、IT、国際
6.スポーツ、車
7.エンタメ、趣味
8.おでかけ、グルメ
9.料理、暮らし、健康
10.女性ライフスタイル
11.女性ファッション

上記のジャンル以外にも、レシピ本や旅行ガイドブックなどの増刊、ムック本も読むことができます。

おすすめできるポイント6点

1.雑誌を網羅的に見ることができる

ドコモが開発しているアプリなので、コンテンツが充実しています。

コンテンツ概要でご紹介した通り、大きく11つのジャンルがあります。

定期雑誌は500誌を超えており、随時追加更新されています。

そして、80%以上の雑誌が発売日当日に配信されています

大量の雑誌を前に目移りしてしまいますが、それも良いと思います。

普段決まって読む雑誌以外から情報を得ることも新鮮です!

yuko
バックナンバーを含めて2500誌もあり、かなり充実しています
2.スキマ時間で雑誌を見ることができる

毎日のスキマ時間を積み上げて1時間くらいになると仮定すると、1年間で365時間もの時間となります。

まとまった時間でパソコンの画面で雑誌を読むのも良いですが、スキマ時間を有効に使えるようにつくられたのがスマホアプリです。

スマホアプリなので、2本指で雑誌の文字を自由に大きくすることができます

yuko
電車の中でゲームをするぐらいなら雑誌を見て世間を知りましょう

3.オフラインでも雑誌を見ることができる

雑誌のデータはスマホにダウンロードすることができます。

閲覧期間が決まっており、期限をすぎると見ることができなくなります。

また、飛行機や新幹線の中など通信接続しにくい場所でも雑誌を見ることができます

出張の移動の時にも使いやすいように配慮がされています。

また、気になった記事はスクリーンショットで保管することもできます。

クリッピング機能もありますが、私はスクリーンショットで記事のスクラップをデータ上で保管しています。

紙媒体なら長期間保管するのにスペースも必要ですが、データで保管できるのが良いですね!

yuko
出張の移動中も雑誌を読む時間に使えます!

4.キーワード検索ができる

スマホアプリ限定の機能ですが、キーワード検索ができます。

dマガジン内の雑誌の中から特定のキーワードを検索して、関連記事をリストアップしてくれます。

写真は「不動産」で検索した結果です。

このようなリストを瞬時に作成し、見たい記事にアクセスができます

yuko
紙の雑誌では出来ない機能ですね!

5.破格の月額料金

料金は月額440円(税込)です。
紙の雑誌1冊分くらいの料金で大量のコンテンツが読み放題です。

yuko
コストパフォーマンスが高いですね!

6.ドコモ以外のユーザーでも見ることができる

2014年からドコモユーザー以外にも開放しているサービスです。

通信キャリアによらず、破格の月額料金で雑誌を見ることができます!

yuko
ドコモでなくても雑誌を閲覧することができます!

ちょっと残念なポイント

1.dマガジンでは読めない記事もある

雑誌のサブスクリプションサービス共通のポイントです。

一部の記事はdマガジン上では黒塗り、白塗りされていたり、ページ丸ごと削除されています。

暴力的もしくはアダルト的な記事はdマガジンとして掲載できないものが多いようです。

また、理論株価などアナリストが分析したデータも掲載が少ないです。

「全部読みたい場合は、やはり紙の雑誌を買って見てね!」という出版社のメッセージなのかもしれません。

2.文字系の雑誌はスマホだと読みづらい

文字が多い雑誌だと、スマホで閲覧するのは厳しいです。

拡大縮小は自由に出来るのですが、面倒です。

パソコンで読む方が読みやすいです。

スマホでは写真記事を中心に読むのも良いかもしれません。

無料体験キャンペーン

お試しでdマガジンを使ってみたいという方は、現在31日間無料体験キャンペーンを実施しています。
入会後の条件次第では400ポイントのdポイントを貰うことができます。(期間限定)

自分には合わないな、と感じた方は無料体験期間内に自動更新を停止する必要があります。

まとめ

dマガジンについてご紹介してきました。

おすすめできるポイントは6点です

  1. 雑誌を網羅的に見ることができる
  2. スキマ時間で雑誌を見ることができる
  3. オフラインでも雑誌を見ることができる
  4. キーワード検索ができる
  5. 破格の月額料金
  6. ドコモ以外のユーザーでも見ることができる

dマガジンのユーザーは既に300万人を突破しています。

実は皆さんの周りはすでにdマガジンを利用しており、スキマ時間を有効活用して世の中の事象や流行を効率よくチェックしているかもしれません

手軽に始めることができるので、是非始めてみてください!

詳しくはコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

Yuko

自己投資、読書、資産形成、旅行で 豊かなワークライフスタイルを目指す 中流サラリーマン /建設業 /MEP Engineer /maneger /経営学修士MBA /大阪在住

-LIFE

Copyright© Yuko Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.