LIFE

iPhone12は格安SIMからの「乗り換え」でお得に買えるのか?

  1. HOME >
  2. LIFE >

iPhone12は格安SIMからの「乗り換え」でお得に買えるのか?

悩んでいる人
iphone12に買い替えたいけど、どのキャリアが安いか分からない・・・

このような疑問や悩みについて、私の調べた内容をご紹介したいと思います。

私は現在携帯のキャリアはワイモバイルを使っていて、本体はiphoneXを使用しています。

iphoneXはauで契約した際に買い替えましたが、ワイモバイルに乗り換えしました。

携帯電話は2年おきに買い替えているので、iphone12に買い替えしたいと思っています。

Iphone12よりもiphone12proの方がカメラ性能が良く値段もあまり変わらないので、iphone12proを狙っています。

iphone12proに買い換える時に、同時に他のキャリアに乗り換えした方が良いのか調べたので本記事で共有したいと思います。

目次

三大キャリアの機種代

各社の料金プラン

検証

ワイモバイルの特徴

乗り換えで更にお得

まとめ

三大キャリアの機種代金

iphone12とiphone12proの料金比較です。

格安SIMを使う場合はSIMフリーのiphoneを買う必要があるので、アップルストアでの購入価格を併記しています。

2020年10月25日時点では、各機種ともドコモとauが最安値であり、わずかにauに軍配が上がっています。

そこで、本記事では「NTTドコモとauに乗り換えた方が得なのか」を検証することとします。

NTTドコモのプラン

ドコモの契約プランは「ギガホ」と「ギガライト」です。

ギガホは毎月最大60GBまで通信速度制限なしのプランです。

ギガライトは毎月1GBから7GBまで、使った分に応じて料金を支払うプランです。

auのプラン

auの契約プランは「データMAX 4G LTE」と「ピタットプラン4G LTE」の2プランあります。

データMAXはデータが使い放題のプランです。

ピタットプランは毎月1GBから7GBまで、使った分に応じて料金を支払うプランです。

ワイモバイルのプラン

ワイモバイルの契約プランはスマホベーシックプランS、M、Rの3プランあります。

それぞれデータ通信容量が決まっています。

私はスマホベーシックプランMを使っています。

スマホベーシックプランMの月額基本使用料は3,680円です。

家では光回線を使ってWi-Fi通信をしているので、外出時のみ携帯回線を使っています。

そのため、スマホベーシックプランMの通信量で足りています。

通信量上限を使い切ったとしても通信速度は最大1Mbpsまであります。

そこそこの通信速度なので、ギガ不足になっても安心です!

通話は国内であれば1回10分以内であれば何度かけても0円です。

それ以上長い電話をかける場合はLINE電話によって、Wi-Fi通信経由で電話をしています。

通話時間、回数とも無制限の「スーパーだれとでも定額」もありますが、月額1,000円が必要です。

検証

ワイモバイルはスマホベーシックプランM、ドコモはギガライト、auはデータMAX 4G LTEで比較しました。

それぞれ家族割や光回線セット割引プランがあるのですが、除外しています。

2年契約を前提として、2年間にかかるコスト(機種代と通信量)を比較しました。

機種代は現在保有しているiPhoneXを35000円で売却できたとして試算しています。

結果は機種を取得する段階ではドコモとauが安いですが、5ヶ月目に逆転します。

2年後はワイモバイルが圧勝で、ドコモと約45,000円、auと約85,000円の差があります。

しかもワイモバイルは国内通話が1回10分以内であれば無料です。

ドコモとauで同様のサービスを受けるためには通話オプションをつける必要があり、更に割高になります。

ワイモバイルの特徴

結果はワイモバイルに軍配が上がりました。

おそらく、どの格安SIMでも同様の結果になると思います。

私は数ある格安SIMの中で、ワイモバイルを選びました。

その理由は、ソフトバンク経済圏で大量のポイントを貯めることができるからです。

ソフトバンク経済圏とは、ソフトバンクのサービスを日常生活で使用し、大量のポイントを貯めることを指します。

ソフトバンク経済圏の詳細は下記「Yahoo!カード」の記事をご参照ください。

Yahoo! JAPANカードのメリット6選

続きを見る

乗り換えはさらにお得

ワイモバイルに乗り換える場合はさらに安くなります。

今ならキャンペーンでPayPayがキャッシュバックされます(20/10/25時点)

まとめ

今回格安SIMのワイモバイルから三大キャリアに乗り換えた方が得なのか検証しました。

結果は機種代金は高いですが、そのまま格安SIMを継続した方が通算コストを抑えられることがわかりました。

まだ三大キャリアを使用している方は、格安SIMへの乗り換えを検討されてはいかがでしょうか?

毎月の固定費を削減する良い機会だと思います!

格安SIMも色々ありますが、ワイモバイルであれば普段のお買い物やキャッシュレス決済のPayPayとの親和性も良いです。

ぜひご検討ください!

ワイモバイルの申し込みはコチラ

今すぐ申し込む

※キャッシュバックキャンペーンあります!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

Yuko

自己投資、読書、資産形成、旅行で 豊かなワークライフスタイルを目指す 中流サラリーマン /建設業 /MEP Engineer /maneger /経営学修士MBA /大阪在住

-LIFE

Copyright© Yuko Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.